<img height="1" width="1" style="display:none" src="https://www.facebook.com/tr?id=883941705039637&amp;ev=PageView&amp;noscript=1">

日本語

日本語

UIビジョンの実現

Kanziは世界最高峰の使いやすい機能がすぐに使用でき、UIロジック、レンダリング、ビジュアライゼーションから統合とデプロイまで、迅速かつ効率的なUI開発を可能にします。


UIデザインツールによるUIの作成

Kanziはデザイナーのデザインビジョンを、組み込みハードウェア上で動作可能な、美しく反応の良いUIへと落とし込むためのUIデザインツールを提供します。

Real Time UI Editor

リアルタイムUIエディタ

Kanzi Studioが提供するビジュアルツールでUIデザインを作成、イテレーションしてみてください。リアルタイムでの変更の効果を実感していただけるでしょう。リアルタイムプレビューを使用することでUIデザインを可視化し操作することができるようになります。

Scene Management

シーン管理

Kanzi Studioのシーングラフを使用して、UIデザイン内のコンテンツを作成および管理し、数回のマウスクリックで機能的なUI要素を作成するUIロジックを保持しながら、デザインを再構築する2Dおよび3Dコンテンツをシームレスに融合します。

Input Methods

入力手段

Kanziはキーボード、マウス、タッチコントロール、ソフトウェアキーボード、タッチジェスチャーなどのさまざまな入力手段をサポートしています。UIを音声やジェスチャーコントロールなどのカスタム入力手段と統合します。

2D and 3D File Format Support

2Dおよび3Dファイル形式のサポート

画像、フォント、Photoshopファイルなどの主要なデザインツールで作成されたコンテンツをレイヤーに読み込むことで見た目のすっきりしたUIを簡単に作成できます。Kanziはアニメーション、ライト、テクスチャとともにモデルをインポートする機能を備えた3Dファイルを幅広くサポートしています。

Animations and Transitions

アニメーションとトランジション

さまざまなビルトインアニメーションやイージングカーブを使用してUIをアニメーション化します。トランジションエディタを使用して、状態やページの遷移にアニメーションを設定することができます。業界標準のツールで作成したアニメーションをインポート、またはビルトインのアニメーションエディターで独自のカスタムアニメーションを作成することも可能です。

Pages

ページ

ページを使用してUIデザインプロセスを合理化します。デザインをページで構成し、ページエディタを使用してUIフローを定義します。画面間の関係と階層を理解するのに役立つデザインの概要を確認します。ページ遷移のアニメーションを設定します。

UI Components and Layouts

UIコンポーネントとレイアウト

Kanziが提供するビルディング・ブロックを使用して独自のUIコントロールを作成します。迅速にUIを作成するために、すぐに使用できる2Dおよび3DのUIコンポーネントだけでなく、レイアウトのライブラリからも選択可能です。Kanziは、ディスプレイのサイズと解像度に応じて、拡大・縮小した応答性の高いUIの作成をサポートしています。

Localization and Internationalization

ローカリゼーションとグローバル化

複数の言語と地域に応じてユーザーのUIをカスタマイズすることができます。ローカライズテーブルを使用して、言語の専門家と協力し、Kanzi Studioに結果をインポートします。地域に応じて動的にUIテキスト、レイアウトやグラフィックスを切り替えて、双方向テキストレイアウトやテキスト整形などの高度な機能を使用します。


UIロジック

Kanziはデザイナーに、グラフィカルツールを使用してUIロジックとUIフローをリアルタイムで実装する機能を提供します。

Visual State Manager

ビジュアルステートマネージャー

ビジュアルステートマネージャを使用して、UI要素の外観と動作を定義します。遷移アニメーションを設定するには、状態遷移エディタを使用します。UIインタラクションとロジックを使ってステートをつなげます。

Data Bindings

データバインディング

Kanzi Studioのビジュアルツールを使用してデータをUI要素と接続します。バインディングシステムを使用して、他のUI要素や外部イベントに基づいてUI要素の外観や動作を制御します。

Scripting

スクリプティング

Kanzi StudioでのUIの機能をスクリプトで拡張し、シミュレーションを作成して簡単なタスクを自動化します。

Triggers

トリガーとアクション

イベント、トリガーおよびアクションを使用してUIロジックを実装します。プロジェクトの任意の部分で発生するイベントを聴取するトリガーを設定します。イベントに基づいたUIのトリガーアクションを実装します。


レンダリングとビジュアライゼーション

Kanziには業界標準のグラフィックスレンダリングエンジンが搭載されています。これにより、優れたパフォーマンスと高い忠実度でUIが表示されます。

Graphics-Engine

業界グレードのグラフィックエンジン

フラットなデザインからフォトリアリスティックなグラフィックスに至るまで、すべてをリアルタイムでレンダリングする最先端のグラフィックスエンジンを活用できます。業界標準のグラフィックスエンジンのすべての機能を搭載し、要求の厳しい自動車アプリケーションで動作することが証明されたKanziのグラフィックスエンジンにより、 独自のグラフィックスレンダリングコードの作成と管理を必要としません。

Shaders

マテリアル&シェイダー

マテリアルを使用して、3Dオブジェクトにハイパーリアリスティックな外観を加えたり、ペイント、ゴム、金属、ガラス、クロムなどの可能なサーフェスをシミュレートしたりすることができます。 Kanziに含まれるマテリアルを活用するか、自分で作成します。物理ベースで動的なシェーディングなどの高度な機能を活用できます。マテリアルのプロパティを変更し、その効果をリアルタイムで確認できます。


アプリケーションの開発と統合

Kanziはモデル・ビュー・ビューモデル(MVVM)アーキテクチャに基づいており、UIをデータソースに統合するための強力なツールを開発者に提供します。

C++ API

C++ API

Kanziのすべての機能にプログラム的にアクセスできる堅牢なC ++ APIを使用して、データとアプリケーションロジックをUIに統合します。グラフィカルなレンダリングへの低レベルのアクセスでUIを制御します。プラグインを作成して組み込み機能を拡張します。

Data Sources

データソース

デザイナーは、データソースプラグインをKanzi Studioにインポートし、データとイベントをUIコントロールに割り当てることができます。プラグインを使用して外部データをUIに統合できます。 デザインを変更することなくデータソースを切り替えることができます。


デプロイメントとランタイム

どのプラットフォームでもKanzi User Interfacesを展開して実行できます。コードをコンパイルすることなく、対象デバイスのUIデザインを数秒で更新できます。

Portability

移植性

任意のソフトウェアおよびハードウェア・プラットフォーム上で同じKanziアプリケーションを実行できます。基盤となるプラットフォームの抽象化を通じて、Kanziランタイムがプラットフォームに依存せず、携帯性に優れています。Kanzi APIで書かれたアプリケーションのUIコードは完全にクロスプラットフォームと互換性があります。

Export to Target

ターゲットにエクスポート

Kanzi StudioでワンクリックでターゲットデバイスにUIを展開します。ネイティブのAndroidおよびWindowsアプリケーションをすぐに生成して展開します。

UI Declaration Binary

バイナリUI

コードをコンパイルせずにターゲットにUIを展開します。Kanzi Studioからバイナリファイルをターゲットデバイスに数秒でエクスポートするだけです。

Support for Graphics Hardware

グラフィックハードウェアのサポート

さまざまなプラットフォーム上で動作するUIを作成します。 -OpenGL ES 2.0および3.0をサポートするハイエンドからのシステム・オン・チップから、独自のグラフィックスアクセラレータ(拡張Kanzi Liteを含む)を持つ手頃な価格のマイクロコントローラを採用しています。


詳しくはこちら:
ブログ